日本航海学会講演予稿集 Vol.2(2014)No.1

第130回講演会(2014年5月22日,23日)

一括ダウンロード(27件)

K130-01(p.1-4)
中東・北太平洋航路における全球数値予報モデルの海上風予測精度検証
種本 純, 大澤 輝夫, 香西 克俊. 塩谷 茂明
K130-02(p.5-8)
内航船向け最適航海計画支援システムの開発について
高橋 淑子, 庄司 るり, 松浦 邦明, 加納 敏幸
K130-03(p.9-10)
北極海航路における海氷分布特性
嶋田 陽一
K130-04(p.11-14)
操縦運動時における船首沈下の推定に関する研究
奥田 晃生, 佐野 将昭
K130-05(p.15-17)
航法と航海計器の関係についての一考察(国際VHF無線電話を中心として)
脇田礼三, 藤原紗衣子, 藤本昌志
K130-06(p.18-21)
Automatic Collision Avoidance System Coping with Various Emergency Levels
Yuanbing Cai, Kazuhiko Hasegawa
K130-07(p.22-25)
操船シミュレータにおける操縦性悪化船の作成
城戸 裕晶, 岩崎 寛希
K130-08(p.26-29)
アイカメラを用いた操船者の情報収集特性に関する研究 -衝突回避操船における情報収集特性-
馮 天承, 小林 弘明
K130-09(p.30-33)
軽合金製中型船舶の船底汚損が船舶の速力および燃費に与える影響に関する考察
清水 健一, 森井 康宏, 木下 宰, 高山 久明
K130-10(p.34-37)
大規模災害時におけるDTN 技術を用いた複合的な船陸間災害情報共有ネットワークの提案と評価 −可搬型DTN 基地局による検討−
霜田 一将, 植田 啓文, 木下 峻一, 加藤 浩
K130-11(p.38-41)
船舶でのインターネット接続環境の構築と評価 −定額制モバイルデータ通信の効率的な利用−
霜田 一将, 渡部 翔, 坂 利明, 鈴木 治
K130-12(p.42-45)
東京湾・浦賀水道海上における3G 電波強度調査
大島 浩太, 古谷 雅理, 竹本 孝弘, 庄司 るり
K130-13(p.46-49)
AIS バイナリメッセージを用いた見張り情報の共有
松本 洋平
K130-14(p.50-51)
浮体式OWC 型波力発電装置の性能推定に対するMPS 法の適用性に関する研究
笹原 裕太郎, 増田 光弘, 南 清和, 増田 光一
K130-15(p.52-52)
Development of Efficiency Measurement for Container Handling Equipment -Application for Hybrid Straddle Carrier-
Putu Hangga, Takeshi Shinoda, Shozo Takahashi, Kazuhiro Hiyoshi
K130-16(p.53-54)
OWC 波力発電ブイのエネルギー吸収性能に関する基礎的研究
増田 光弘, 茨木 信, 南 清和, 笹原 裕太郎
K130-17(p.55-58)
長江口深水航路を用いた鉄鉱石輸入における二酸化炭素排出量の削減策に関する研究
咸 暁黎, 黒川 久幸
K130-18(p.59-59)
Establishment of Evaluation and Decision Making Model for Cargo Transportation System in Indonesia
Sumanta BUANA, Takeshi SHINODA
K130-19(p.60-63)
ストラドルキャリア方式コンテナターミナルを対象としたコンテナ配置計画
西村 悦子, 江村聡一郎
K130-20(p.64-65)
津波来襲時における岸壁に係留された船舶の防災・減災対策に関する研究(その4)-浮体式津波対策用岸壁の有効性について-
増田 光弘, 橋本 洋佑, 南 清和, 増田 光一
K130-21(p.66-67)
津波被害減災のための可動式防波扉の適用性に関する研究(その1)
増田 光弘, 藤田 慶彦, 南 清和, 浜田 英外
K130-22(p.68-70)
The Modernization Process of Key Algerian Ports:Issues and Strategic Challenges
S.T.MAKSEN, K.ISHIGURO, S.FUJIMOTO, M.OMAE
K130-23(p.71-72)
東北地方太平洋沖地震津波来襲時の桟橋係留大型石炭船の挙動再現について
榊原 繁樹, 阿部 郁男, 津金 正典, 久保 雅義
K130-24(p.73-74)
錨泊船舶の波浪中応答シミュレーションに関する研究 第1 報:MPS 法へのLumped-Mass 法の適用
増田 光弘, 笹原 裕太郎, 南 清和, 大谷 育穂
K130-25(p.75-76)
The Improvement of Port State Control in Algeria
A.AZOUAOU, S.FUJIMOTO, M.OMAE
K130-26(p.77-80)
マスト灯の間隔が他船の避航判断に及ぼす影響について − 護衛艦あたごと漁船清徳丸の衝突事故を例に −
西村 知久
K130-27(p.81-84)
視界制限状態におけるレーダー処理上の問題点
鈴木 邦裕